【越山若水】カニ好きの作家は多い。自らの体験を縷々(るる)として語り、垂涎(すいぜん)を誘う名文を残している。食文化に詳しい重金敦之さんの「食彩の文学事典」(講談社)から引用する▼その筆頭は開高健さん。福井県と縁が深いことはよく知られる。開高さんはサントリーが刊行した豪華誌「グルマン」第1号に「越前ガニ」の文章を寄稿した▼戦時中に読んだ志賀直哉の名作に「どこか北の海でとれたカニを思わせる女」という意味の一文があった。以来、旅先でこの一節を思い出しカニを探求したそうだ▼そして「まことに申し訳ないが、北海道産ではない」と述べた上で「冬の日本海のカニ」という推論に達する。開高さんは越前海岸の旅館をひいきにし、その時の冗舌体の文章はあまりに有名である▼「殻をパチンと割ると、白い豊満な肉(しし)置きの長い腿(あし)があらわれ、ほのかに甘い脂と海の冷たい果汁がこぼれそうになっている」。それをこそぎ落とせばカニ丼が出来上がる▼冬の味覚の王者、越前がに漁が解禁された。水揚げや初セリのニュースが全国にも流され、わが福井が“かに道楽”から垂涎の的になっているだろう▼「越前ガニは世界一だよ」。そう絶賛したある芸術家は「それも、その土地で食べなければだめだ」と念押ししたらしい。極上の味覚、県人としてもぜひご相伴にあずかりたい。ここは一つ勇気を振り絞って…。

関連記事
あわせて読みたい