休耕田に咲き誇るヒマワリ=3日、福井県永平寺町栃原

 福井県永平寺町栃原の県道沿いの休耕田にヒマワリが咲き誇っている。黄色が広がり夏を思わせる風景がドライバーの目を楽しませている。

 近くの藤井利雄さん(52)が肥料用に毎年育てている。10アールの休耕田に8月下旬に「キッズスマイル」の種をまいた。1週間ほど前から咲き始め、約1万本が晩秋の日差しを浴び、辺り一面を“夏色”に染めている。

 高さは膝丈ほど、花の大きさは10センチ程度と小ぶり。播種直後の大雨で水につかり半数ほどが発芽しなかったという。藤井さんは「今年は台風で一部倒れるなど厳しい条件だったがようやく咲いた」と笑顔を見せていた。

 見ごろは今月中旬まで。場所は同町の九頭竜川に架かる北島橋(北島鮎大橋)の北詰交差点から100メートル東。

関連記事
あわせて読みたい