【越山若水】「こじつける」という語は、漢字で「故事付ける」と書く。物事の意味や由来を説明する際、都合良く古来の言い伝えや物語と関連づけ、筋が通るようにすること▼だから大概は作り話である。ただし時には「まこと(真事)」もある。奈良時代の地誌「出雲国風土記」(島根県)の大原郡神原(かむはら)郷の条にこんな話が載っている▼古老が言うには、神原は国づくりをなさった大神が財宝を積み置かれた場所。本来なら「神財(かむたから)」と言うべきところを、今の人が誤って「神原」と呼んでいる…と▼この地名伝説は、権威づけのための「こじつけ」だと思われていた。ところが1972年に大原郡にある神原(かんばら)神社で古墳が発見され、中から三角縁神獣鏡や鉄剣、土器が多数出土。研究者を驚かせた▼「地名の謎を解く」(伊東ひとみ著、新潮社)に所収の珍聞である。ところでこの人の「こじつけ」も半端じゃない。ツイッターで言いたい放題のトランプ米大統領である▼大統領選のロシア疑惑で訴追された陣営の外交顧問を「ジョージという名前の若くて低い地位のボランティアだ」と説明し、関係の希薄さを強調した▼「エネルギー顧問で素晴らしい人物」という過去の絶賛は酷評に転じた。トランプ氏が5日に初来日する。北朝鮮の核・ミサイルや拉致問題の成果に期待するが、一方で経済の「こじつけ」要求には心配が募る。

関連記事
あわせて読みたい