雨により冠水した公園=10月23日、福井県敦賀市布田町

 10月の福井県内は23日に上陸した台風21号や前線の影響で雨の日が多くなり、福井地方気象台によると、月間降水量が福井市と敦賀市で1945年の10月最多記録に迫る歴代3位となった。日照時間は県内全9地点で平年値を下回った。

 10月の月間降水量は福井で317・5ミリ、敦賀で424・0ミリだった。両地点の最多は福井で400・4ミリ、敦賀で505・8ミリで、いずれも1945年に記録した。歴代2位はどちらも100年前の1917年だった。

 日照時間は福井で平年の70%の105・8時間、敦賀では64%の93・8時間で1914年の観測開始以降、5番目に少ない値となった。10月の午後3時時点の天気は、福井は曇りが11日、雨は7日あった。

関連記事
あわせて読みたい