阪神の佐野仙好統括スカウト(右)、熊野輝光担当スカウト(左)から指名あいさつを受ける啓新高の牧丈一郎=福井市の同校

 阪神からドラフト6位で指名された啓新高(福井市)の牧丈一郎投手(18)は31日、同校でスカウトからあいさつを受けた。牧は「早くプロの舞台で投げたい。しっかり体をつくって、誰にも負けないストレートを目指す」と気持ちを高ぶらせた。

 阪神の佐野仙好統括スカウト、熊野輝光担当スカウトらが訪問。牧は同校野球部の大八木治監督、荻原昭人校長とともに出迎えた。

 最速152キロを誇る本格派右腕。「高校生でこれだけのボールを投げられる選手は少ない」と評価した熊野スカウト。「まだまだ伸びる。同世代の投手と競争しながら力をつけてほしい」と期待を寄せた。

 牧は「1軍が目標だがまずはトレーニングに打ち込み、体をつくる」と引き締まった表情。「球速だけじゃなく、ボールの質、切れも意識して伸ばしたい」と力強く決意した。

 11月中旬以降に仮契約を結び、12月上旬の入団会見に臨む。

関連記事
あわせて読みたい