ジュラチックのアニメ番組の一場面

 福井県の公式恐竜ブランド「ジュラチック」がアニメに―。福井ゆかりの恐竜キャラクターが登場するアニメ番組が、10月31日からアニメ専門チャンネル「キッズステーション」で放映される。ジュラチックが全国の子どもらに「恐竜王国・福井」の魅力をPRする。

 番組は14本あり、それぞれ約1分間。うち4本はキャラクター全20体がドタバタ劇を繰り広げるストーリー仕立てで、残る10本はキャラクターの特徴を紹介する。番組14本のうち毎日6~8本を繰り返し放映する。11月下旬からは、キャラクターの一つ「ラプト」が県内観光地を巡る実写番組12本も織り交ぜて放映する。

 番組制作費は約500万円で県が本年度当初予算に計上した。放映期間は約1年間。

 県ブランド営業課の担当者は「子どもとその家族に、まずアニメで福井と恐竜への親しみを持ってもらえれば。徐々に県内観光地のアピールにつなげたい」と話している。

 県によると、キッズステーションはケーブルテレビやCSテレビで放映されており、全国約830万世帯が視聴契約を結んでいるという。

関連記事
あわせて読みたい