【10年前のきょう・2007年10月31日】中部縦貫自動車道の早期整備に向け、大野市など県内の沿線四市町長は三十一日、自民党の伊吹文明幹事長に約六万人分の署名を提出した。

 岡田高大大野市長、山岸正裕勝山市長、東村新一福井市長職務代理者、松本文雄永平寺町長が、国会内で伊吹幹事長を訪ねた。今年六月末から集めた六万四百四十六人分の署名を提出。▽中部縦貫道・永平寺大野道路の早期全線開通▽大野油坂道路の整備計画組み入れ▽道路特定財源の暫定税率維持による地方への重点配分―を求める要望書も手渡した。

関連記事
あわせて読みたい