巨人から1位指名され、チームメートに胴上げされる中央大の鍬原拓也(中央)=東京都の中央大学多摩キャンパス

 小学生のころに憧れていた巨人。野球を始めたきっかけは、大学の大先輩でもある阿部慎之助だった。その球団から1位指名を受けた北陸高出身の鍬原拓也(中央大)は「伝統あるチームに高評価で指名されてうれしい」。安堵(あんど)が喜びの表情に変わった。

 本人が「ストレートに自信がある」と言う通り、高校時代から「ボールはめっぽう速かった」(福井・北陸高の谷津田伸二監督)。ただ、制球などに課題があり、甲子園出場はならなかった。潜在能力は高かったが、中央大入学後も周囲に「スピードガンと勝負している投球」と言われたという。

 それを転換したのはエースの「自覚」だった。自分中心の投球を「打者と勝負してチームが勝つための投球」に変え、一気に成長を遂げた。

 転機は3年生春のリーグ戦。最下位の中央大は入れ替え戦で青山学院大と対戦した。第1戦を落とし、背水の陣で先発した鍬原が完封。負ければ2部落ちの危機を救った経験が「自信になった」。その秋から先発に定着した。

 身長177センチながら、最速152キロの直球で強気に攻め、シンカー、スライダーのコンビネーションで打ち取る。時には押して、時には引く投球術を会得し、高い能力に精神面も追いついた。

 東都大学リーグで通算11勝を挙げた右腕は「まず1軍定着が目標。定着すれば、おのずと新人王が見えてくる」とマウンド同様、強気な面を見せた。先輩の阿部に「マウンドさばき、心構えについて聞きたい」と貪欲な姿勢を見せ、「巨人はいい選手がいっぱいいるが、戦っていく自信はある」と言い切った。

関連記事
あわせて読みたい