文部科学省は26日、全国の国公私立小中高、特別支援学校が対象の2016年度問題行動・不登校調査結果を公表した。いじめ認知件数は軽微なものも積極把握するとの文科省方針もあり、前年度から小学校で1・5倍に急増。全体で9万8676件増(43・8%増)の32万3808件と過去最多を更新した。福井県内では前年度比173件増の1033件で、4年ぶりに千件を超えた。増加は2年連続。

 福井県内での認知件数は、小学校が606件(134件増)、中学校は302件(40件増)、高校は116件(5件減)、特別支援学校は9件(4件増)。児童生徒千人当たりの認知件数は同2・1件増の11・5件だった。全国平均は23・9件。いじめの解消率は86・5%で、全国平均より4・1ポイント低かった。

 福井県教委は認知件数が増加していることについて「これまで人間関係のちょっとしたトラブルと捉えていたケースを、いじめとして認知するよう職員間での共通理解を図った。また各学校は面談やアンケートなど、いじめが早期発見できるような取り組みを実践しているからではないか」と分析している。

 全国での認知件数は、小学校が23万7921件(8万6229件増)で特に低、中学年の増加が顕著。中学校は7万1309件(1万1807件増)、高校は1万2874件(210件増)だった。

 心身に大きな被害を受けるなど、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」は374校で400件(86件増)。自殺した児童生徒は244人で、うち10人がいじめに遭っていた。いじめの90・6%は既に解消し、9・1%が現在解消に向け取り組み中だった。

 具体的な内容は「冷やかしや悪口」が全体の62・5%と最多だった。会員制交流サイト(SNS)など「パソコンや携帯電話での中傷、嫌がらせ」は全体で3・3%だが、高校に限ると17・4%と2番目に多い。

 自殺した244人のうち、教職員との関係で悩みを抱えていたのは3人。文科省は明らかにしていないが、担任らの強い叱責(しっせき)で今年3月に自殺した福井県池田町の中学2年男子を含むとみられる。

 調査では今回から、けんかやふざけ合いといった軽微なものも、一方的であればいじめに含むこととしている。

 暴力行為は小中高全体で5万9457件(2651件増)。特に小学校は2万2847件と、5769件増えて過去最多を更新した。不登校は全体で18万2977人(7423人増)。児童生徒全体に占める割合は1・4%だった。

関連記事
あわせて読みたい