高松市の家具インテリア店で7月、上りエスカレーターで車いすが転落し下段にいた渡辺清美さん(76)が巻き添えとなり死亡した事故で、高松南署は23日、過失致死の疑いで、妻(79)を乗せた車いすを押していた無職の夫(81)を書類送検した。

 書類送検容疑は、7月10日午前10時40分ごろ、車いすを押して同店内のエスカレーターを利用。転落して他人に危害が及ぶ可能性があったのに、回避する義務を怠り渡辺さんを死亡させた疑い。

 同署などによると、夫婦は買い物に訪れ、2階から3階に上がる際にエスカレーターを使った。付近にはベビーカーなどの使用を禁止する表示があった。

関連記事
あわせて読みたい