5選を果たしバンザイする稲田朋美氏=22日午後8時半ごろ、福井市大手3丁目の選挙事務所

【衆院選・福井1区】22日投開票された衆院選で、福井県の小選挙区は自民前職の稲田朋美氏、高木毅氏が早々に当選した。両選挙事務所では歓喜のバンザイが響き渡り「福井のために働いてくれよ」という激励が飛んだ。両陣営は組織力を駆使して、選挙区をくまなく回る「どぶ板選挙」を徹底展開。防衛相の辞任といった騒動や、解散前後に相次いだ新党結成など、逆風の選挙戦も予想されたが、新党の候補者らを大差で破り“保守王国”の強さを見せつけた。

 党政調会長として全国を飛び回った前回と打って変わって、選挙区内を2巡して支持を訴えてきた今回の選挙。午後8時15分ごろに事務所入りした稲田朋美氏は「批判や心配の声がある中、皆さんの声援が力をくれた」と、1度目のバンザイでは頭を下げた。

 「ありが党という新党をつくりたい」。遊説や演説会では、防衛相辞任の騒動をわびながら、支援し続けてくれる有権者への感謝の思いを伝え、戦ってきた。「初心に立ち戻って、前に進むことを訴えてきた。支援者から『もう1回頑張れ』と言っていただいた」と、厳しい選挙戦を振り返った。

 女性活躍社会の実現など「福井のおっかさん」としての期待は大きい。事務所に詰めかけた約200人に「消費税の使い道を変えて幼児教育の無償化を実現するなど、約束してきたことを進めたい」と意欲を示した。

 前回の投開票日は東京の党本部に詰め、安倍晋三総裁とともに自身の名前が書かれたボードに花を付けた。壇上に立った支援者から「これから一回りも二回りも大きくなってもらわんとあかん」と激励されると、笑顔で「うん、うん」とうなずいていた。

関連記事
あわせて読みたい