山口茜

 バドミントンのスーパーシリーズプレミア、デンマーク・オープンは22日、デンマークのオーデンセで各種目の決勝が行われた。昨年大会の女子シングルス覇者で世界ランキング5位の山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は世界9位のラチャノック・インタノン(タイ)に1-2で逆転負けした。

 第1ゲームは3―4から4連取で逆転。相手を後ろに下がらせながらチャンスをうかがい、コースを突いたショットで差を広げるなど寄せ付けず21―14で先取した。第2ゲームは競り合いとなった。13-13から2連取したが差を広げられず、逆に15-15からミスなどで6連続失点し落とした。

 最終第3ゲームは序盤のリードを守り切れず、15-11から5連続失点で逆転を許した。それでも山口は直後に4連取して勝利に近づいたかと思われたが、勝負どころでミスが出て19―21と力尽きた。

関連記事
あわせて読みたい