台風21号の経路予報図(22日午後4時現在)気象庁HPより

 超大型で非常に強い台風第21号は、日本の南を速度を上げながら北上している。22日夜から23日にかけて西日本から東日本にかなり接近し、23日には上陸する恐れがある。

 福井県には23日未明から明け方にかけて最接近する。福井地方気象台は、大荒れや猛烈なしけとなる恐れがあるとして、暴風や高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 >>23日の特急、運休を発表

 台風第21号は22日午後4時現在、日本の南の北緯30度05分、東経134度50分にあって、1時間におよそ40キロの速さで北北東へ進んでいる。

 中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の西側1300キロ以内と東側750キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風第21号は、暴風域を伴って、23日未明から明け方にかけて、福井県に最接近するとみられる。

 台風の北上に伴い、本州南岸の前線の活動が活発となる見込み。台風や前線の影響で、22日夜のはじめ頃から23日明け方にかけて雷を伴った非常に激しい雨の降る所がある。23日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、嶺北、嶺南とも60ミリ。23日午後6時までの24時間降水量は、いずれも多い所で、嶺北で250ミリ、嶺南で350ミリの見込み。
 
 23日にかけて猛烈な風が吹き、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北、嶺南とも陸上で25メートル(35メートル)、海上で30メートル(45メートル)。23日にかけて予想される波の高さは9メートルの見込み。

関連記事
あわせて読みたい