【10年前のきょう・2007年10月23日】第二十六回県交通安全県民大会が二十三日、福井市の県生活学習館で開かれた。県や県警本部、県交通安全協会の関係者ら約四百人が事故防止、飲酒運転撲滅への決意をあらためて固めた。

 交通事故犠牲者に黙とうをささげた後、西川知事が「交通安全の推進は県政の大きな課題。皆さんと一緒に全力で取り組んでいきたい」とあいさつ。繁田誠県警本部長は「地域のリーダーとして安全、安心の交通社会実現に向け一層のご協力を」と訴えた。

関連記事
あわせて読みたい