第137回北信越地区高校野球準決勝・富山商業―日本航空石川 五回裏、日本航空石川・原田竜聖の適時打で3点目のホームを踏む的場拓真=21日、福井県営球場

 第137回北信越地区高校野球大会は21日、福井県営球場(福井市)で準決勝を実施。第1試合は、日本航空石川(石川2位)が富山商業(富山1位)を7―2で破り決勝に進出。学校として初、石川県勢として7年ぶりのセンバツ大会出場へ大きく前進した。

富山商業
010 001 000…2
000 034 00×…7
日本航空石川

■富山商業 沢田龍太―山本龍也
■日本航空石川 重吉翼、杉本壮志―井岡啓吾

▽本塁打 石田陸、石橋航太(富山商業)

 日本航空石川は1点を追う五回、的場拓真の適時打で同点に追い付くと、1死二、三塁から原田竜聖が中前に返し3―1と逆転に成功した。1点差に迫られた六回には、的場、原田の連続適時打などで4点を追加。富山商業を引き離した。

 先発重吉翼は1失点で五回途中に杉本壮志へ交代。杉本も1失点に抑え、味方の反撃を呼び込んだ。

 富山商業は二回、石田陸の右越えランニング本塁打で先制。逆転され2点を追う六回には、石橋航太にも一発が飛び出し1点差に迫ったが、その裏に突き放された。先発沢田龍太は序盤をしのいだが中盤に捕まった。

関連記事
あわせて読みたい