【ワシントン共同】米国務省のナウアート報道官は20日、イラク北部の油田地帯キルクーク近郊でイラク軍とクルド自治政府の治安部隊が交戦したことを受けて声明を発表し、事態の沈静化のため係争地域でのイラク軍の活動を抑制するよう要請すると訴えた。

 キルクークは自治区外だが、クルド側が2014年以来、実効支配し、イラク中央政府と帰属を争っていた。ナウアート氏は「イラク憲法に基づき、問題解決のため全ての当事者は対話に参加するべきだ」と強調した。

関連記事
あわせて読みたい