全国信用組合大会であいさつする日銀の黒田総裁=20日午後、東京・大手町の経団連会館

 日銀の黒田東彦総裁は20日、東京都内で開かれた全国信用組合大会であいさつし、物価上昇は企業のIT活用など省力化投資の広がりで「なお弱めの動きが続いている」との認識を示した。物価上昇率2%の実現に向けて「強力な金融緩和を粘り強く進める」と述べ、長期金利を0%程度に抑える現行の緩和策を続ける姿勢を示した。

 黒田氏は携帯電話関連の値下げに加え、幅広い企業が営業時間を短縮するなど「賃金コストの上昇を吸収しようとする動き」が影響していると分析した。

 一方で、景気は堅調な海外経済を背景に「緩やかに拡大している」との見方を示した。

関連記事
あわせて読みたい