越前海岸

 アオリイカは鷹巣、長橋、鮎川、白浜、大丹生方面が好調。餌木は夕方から夜にかけてが好反応。餌は1日中狙え、胴長15~22センチが5~10匹。良型のアジは三国突堤でまずまず。グレは水深があり、潮が動く場所を中心に20~25センチが5~10匹。鷹巣~鮎川、左右~玉川方面で65~75センチのヒラマサ、60~65センチのマダイ。ルアー、カゴ釣りのどちらでも狙える。

福井新港

 アジはパイプライン、北防、第2排水口で20~27センチ。チヌはサッカー場下、第2排水口、パイプラインなどで2~5匹。25~30センチに40センチ級が交じる。刺し餌の練り餌は必須。パイプラインでタチウオ、サゴシ。

嶺南

 小浜新港、高浜漁港などで10センチ前後の小アジ。カマスは田烏、若狭大島などで、ワームや餌釣りで5、6匹。アオリイカは内外海半島方面などでまずまず。アジの泳がせ釣りで夕方から深夜にかけて5、6匹。犬見でサヨリ。音海、高浜漁港ではツバス、サゴシ、シオ(カンパチの幼魚)が上向き。音海ではシイラも交じる。

河川

 九頭竜川河口でスズキ、ヒラメ、サゴシ。

沖合

 鷹巣沖はワラサが絶好調。小浜沖は20~30センチのレンコダイ、マダイ。
 

越前海岸
アオリイカ
ヒラマサ
福井新港
アジ
チヌ
嶺南
アジ
カマス
河川
スズキ
関連記事
あわせて読みたい