ホワイトハウスで記者会見するケリー大統領首席補佐官=19日、ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が死亡した米兵の遺族に無神経な発言をしたと批判されている問題で、ケリー大統領首席補佐官は19日、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ氏は遺族を傷つける意図はなかったと擁護した。トランプ氏が語ったとされる内容を野党民主党ウィルソン下院議員が暴露して批判したことに「驚いており、心が痛む」と非難した。

 ウィルソン議員はトランプ氏が遺族に電話した際に「(兵士は)何に参加したか分かっていたはずだ」と発言し、遺族を侮辱したとメディアに語ったが、トランプ氏は発言を否定している。

関連記事
あわせて読みたい