二所ノ関親方

 19日午後4時15分ごろ、千葉県船橋市行田2丁目の市道で、大相撲の元大関若嶋津の二所ノ関親方(60)=本名日高六男=が倒れているのを通行人が見つけた。日本相撲協会の関係者によると、親方は市内の病院で頭部の手術を受け、集中治療室に入った。一時意識を回復し、その後は眠っているような状態という。

 船橋署によると、親方は車道に倒れていたが目立った外傷はなく、発見時には話ができる状態だったという。近くには自転車が倒れていた。当時は雨が降っていたとみられ、署は事件の可能性は低いとみて状況を調べている。

関連記事
あわせて読みたい