全国障害者スポーツ大会えひめ大会の福井県選手

 福井県は18日、愛媛県で28~30日に開かれる第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」の福井県選手47人を発表した。団体・個人の計7競技にエントリーし、1年後に迫った福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会=障スポ)に弾みをつける。

 団体は実施7競技のうち、6月の北信越・東海ブロック予選会を勝ち抜いたソフトボール(知的)が出場する。

 個人は陸上、水泳、アーチェリー、卓球(サウンドテーブルテニス含む)、フライングディスク、ボウリングの全6競技に32人がエントリーした。

 役員を含めた選手団は総勢81人。26日に県庁正庁で出発式を行い、愛媛入りする。

関連記事
あわせて読みたい