【ワシントン共同】トランプ米大統領が西アフリカ・ニジェールで武装勢力に殺害された米兵の遺族に弔意を伝えるため電話した際「(兵士は)何に参加したか分かっていたはずだ」と死亡が織り込み済みだったとも受け取れる発言をし、遺族が「侮辱された」と憤っていると、主要メディアが18日報じた。

 遺族側で電話に立ち会った野党民主党のウィルソン下院議員が明らかにした。ただ、トランプ氏は18日、記者団にそうした発言はしていないと完全否定。議員が話をでっち上げていると主張、真っ向から対立している。

関連記事
あわせて読みたい