阪神戦に先発したDeNA・ウィーランド=甲子園

 DeNAが序盤の好機を生かして快勝した。一回にロペスの適時打と嶺井の2点打で3点。四回は梶谷の適時打、ロペスの2ランで突き放した。ウィーランドはカーブを有効に使い7回1失点。パットン―山崎康の継投で逃げ切った。

 阪神は能見が1/3回KOと試合を壊した。打線は毎回のように走者を出したが大量失点が響き、大味な攻撃を強いられた。

関連記事
あわせて読みたい