緊急の研修会の冒頭、黙とうをささげる福井県内の小中学校などの管理職ら=17日午後、福井県敦賀市

 福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が担任らの厳しい指導や叱責で3月に自殺した当日、こうした事情を「分からない」などと記者会見で答えた校長が、遺族の抗議を受け5月に開いた保護者会で訂正し謝罪していたことが17日、分かった。

 町の調査委員会報告書は、校長、教頭とも「副担任との関係に問題があることを報告を受けて知っていた」「担任が大声で叱る場面を見ていた」と指摘。自殺前に生徒と教員との問題を把握していたことになり、対応が問われそうだ。

 母親は取材に「息子は副担任を嫌がっていた。納得できなかった」と話した。

関連記事
あわせて読みたい