17日午後3時45分ごろ、米海軍からEA18G電子戦機が太平洋上に燃料タンク1基を投下したと東北防衛局三沢防衛事務所に連絡があった。飛行中に不具合が発生したための措置で、人的被害などは確認されていないという。

 同事務所によると、電子戦機はタンク投下後、予定通り三沢基地(青森県三沢市)に着陸した。米海軍が原因を調べている。

関連記事
あわせて読みたい