死亡したダフネ・カルアナガリチアさん=2011年4月、マルタ首都バレッタ(ロイター=共同)

 【ローマ共同】タックスヘイブン(租税回避地)の実態を暴いた「パナマ文書」の報道に参加した地中海の島国マルタの女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が16日、同国北部で車を運転中に爆弾が爆発し死亡した。殺害されたとみられる。ロイター通信が伝えた。

 カルアナガリチアさんはマルタのムスカット首相夫妻の不正資金疑惑を報じるなど、同国随一の調査報道記者として知られていた。首相夫妻は疑惑を否定していた。脅迫を受けているとして、最近警察に相談していたとの情報もある。

 ムスカット氏は「報道の自由に対する野蛮な攻撃」だと非難示した。

関連記事
あわせて読みたい