日米経済対話で握手する麻生財務相(左)とペンス米副大統領=16日、ワシントン(代表撮影・共同)

 【ワシントン共同】日米両政府は米ワシントンで16日(日本時間17日未明)、経済対話の第2回会合を開き、米側が日本との自由貿易協定(FTA)に強い関心を示して交渉入りを事実上要求した。日本政府はFTAを受け入れない立場だが、米側の強い姿勢が明確となり、通商戦略の練り直しを今後迫られる可能性がある。

 終了後に合意文書を発表。日本が米国製を含む輸入車の審査手続きを緩和すると明記した。8月に発動した冷凍牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)を巡っては反発する米側との溝が埋まらず、協議継続を確認した。

 会合では米側が貿易赤字への懸念も伝えたと、日本政府が明らかにした。

関連記事
あわせて読みたい