ネットフリックスのロゴが記されたテレビのリモコン(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米動画配信大手ネットフリックスが16日発表した2017年7〜9月期決算は売上高が前年同期比30%増の29億8485万ドル(約3300億円)、純利益は2・5倍の1億2959万ドルとなり、加入者増で大幅な増収増益だった。

 世界加入者数は9月末時点で1億925万人と、6月末時点から530万人増えた。

 動画配信分野ではグーグルやアマゾン・コムなどとの競争が激化しているが、ネットフリックスは独自番組を増やす戦略を進めている。この日、18年に番組制作などに70億〜80億ドルを投入する計画を明らかにした。

関連記事
あわせて読みたい