スペースバルーンを打ち上げる福井高専の生徒ら=15日、沖縄県宮古島北部の海岸

 漆黒の宇宙に浮かぶ地球は、太陽に照らされてまばゆい輝きを放っていた―。福井高専生5人と福井新聞の記者3人が取り組むスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)は15日、沖縄県宮古島市で機体を打ち上げ、高度約3万メートルからの撮影に成功した。成層圏から捉えた地球の様子が鮮明に写っており、宇宙の壮大さを実感したメンバーは喜びに浸った。

 ⇒【画像】成層圏から捉えた地球

 この日は午前6時すぎから宮古島市北部の海岸で打ち上げ準備を開始。気象観測用の風船にヘリウムガスを注入して直径約2メートルに膨らませ、4台のカメラを搭載した発泡スチロール製の機体をつり下げ、同7時半に打ち上げた。

 風船は成層圏に到達後に破裂し、機体は海上に落下。回収した機体内のカメラのデータを確認すると、打ち上げ後にぐんぐん上昇していく様子や、真空に近い状態の成層圏から宇宙と地球が見える場面など、海に落ちるまでの約100分間の映像が鮮明に写っていた。機体の側面に取り付けた福井県の恐竜ブランド「ジュラチック」キャラクターのラプトが、縮小版の福井新聞を背負って“成層圏旅行”する様子も捉えた。

関連記事
あわせて読みたい