第137回北信越高校野球準々決勝・松商学園―富山国際大付属 三回表、富山国際大付属の奥村弘貴が先制のホームイン=15日、福井県営球場

 第137回北信越高校野球大会は15日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第2試合は、富山国際大付属(富山2位)が松商学園(長野3位)を2―0で破り4強入りした。

富山国際大付属
001 001 000…2
000 000 000…0
松商学園

■富山国際大付属 北山皓喜―竹内亮太
■松商学園 直江大輔―大和久竣矢

 富山国際大付属は三回、奥村弘貴、安田匠杜の連続安打で無死二、三塁とし、上野亘の犠飛で1点を先制。六回には相手バッテリーのミスで1点を追加した。先発北山皓喜は、五回から八回までの4回を無安打に抑えるなど、要所を締めて完封勝ちした。

 松商学園の直江大輔は、9安打を許したが粘り強く投げて2失点。打線は初回に1死一、三塁、四回には2死満塁の好機を作ったが後続が倒れ、本塁を踏むことはできなかった。

関連記事
あわせて読みたい