第137回北信越高校野球準々決勝・北越―星稜 延長十二回裏、2死二三塁のピンチを切り抜け喜ぶ星稜の佐藤=15日、福井県営球場

 第137回北信越高校野球大会は15日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第1試合は、星稜(石川1位)が北越(新潟3位)を7―5で延長戦を制し4強入りした。

星稜
100 200 010 012…7
010 000 021 010…5
北越

■星稜 奥川恭伸、河村俊平、山口来聖、佐藤来聖―山瀬慎之助
■北越 幸田大和、大野絢平、片桐蕗都―堀口健太

 星稜は、5―5の延長十二回、1死から四球と代打岡田大響の左越え二塁打で1死二、三塁とし、南保良太郎の右前適時打で2点を勝ち越した。その裏の北越の攻撃を山口来聖、佐藤海心の継投で抑え逃げ切った。

 北越は八回、代打古山雄太の適時二塁打などで計2点を奪って3―4と1点差に迫ると、九回2死三塁から暴投で三走が生還し、試合を振り出しに戻した。1点を追う延長十一回は、小林健人の左中間を破る二塁打で再び同点とするなど粘りをみせた。

関連記事
あわせて読みたい