北信越地区高校野球大会の見どころ

 第137回北信越地区高校野球大会は15日、福井県営球場と福井フェニックススタジアムの2会場で準々決勝4試合が行われる。福井県勢は同スタジアム第1試合で、初戦をサヨナラ勝ちした坂井(福井2位)が富山商業(富山1位)と4強を懸け対戦する。

⇒トーナメントはこちら

 坂井のエース嶋田勘人は1回戦、佐久長聖(長野2位)相手に被安打4の力投をみせた。福井県大会で決勝を含む2試合に先発した帰山慎とともに投手陣が準決勝進出の鍵。チームの持ち味である堅い守りで投手陣を援護したい。

 対する富山商業は金沢学院(石川3位)相手に11安打を放ち、守っては大黒柱の沢田龍太が被安打4で完投した。総合力は高く投打に勢いがある。

■第2日の日程
▽福井フェニックススタジアム
富山商業―坂井(午前10時)
日本航空石川―日本文理(午後0時半)

▽福井県営球場
北越―星稜(午前10時)
松商学園―富山国際大付属(午後0時半)

■D刊で全打席速報
 福井新聞社は北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。
 また福井県勢の熱戦の様子を「Web写真館」で公開する。閲覧には会員登録が必要。速報サイト「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

関連記事
あわせて読みたい