第137回北信越地区高校野球大会1回戦・坂井―佐久長聖 九回サヨナラの適時打を放った坂井の沢嵜=14日、福井市の福井フェニックススタジアム

 第137回北信越地区高校野球大会は14日、福井県内3会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアム第2試合は坂井(福井2位)が佐久長聖(長野2位)を2―1の九回サヨナラ勝ちで下し準々決勝進出を決めた。

佐久長聖
000 000 100 …1
000 000 101X…2
坂井

■佐久長聖 林虹太―小山忍
■坂井 嶋田勘人―石川雅晴

 坂井は七回、小林寛弥が四球でこの試合チーム初出塁すると、2死三塁まで好機を広げ4番沢嵜一輝の右中間適時三塁打で同点とした。九回は小林の中前打や四球などで1死満塁とし、沢嵜がこの試合2本目の適時打を放ちサヨナラ勝ちした。

 坂井先発の嶋田は七回に1点を失ったが被安打4で完投した。

 佐久長聖は6回まで無安打に抑える好投を見せた林を打線が援護できなかった。

関連記事
あわせて読みたい