第137回北信越地区高校野球大会1回戦・松商学園―金津 四回裏、左越えのソロ本塁打を放った金津の高柴太一=14日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第137回北信越地区高校野球大会は14日、福井県内で1回戦8試合を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合で、金津(福井1位)は松商学園(長野3位)に1―11の7回コールドで敗れ、北信越大会初勝利はならなかった。

松商学園
400 320 2…11
000 100 0…1
金津

■松商学園 直江大輔、堀翔太郎―大和久竣矢
■金津 斉川隼大、田中彰馬、石丸結大―高桑篤耶

▽本塁打 高柴太一(金津)

 前半で7点のリードを許した金津は四回、先頭高柴太一の左越え本塁打で1点を返した。8点差とされた六回には前川郷、中橋朋希の連打などで2死二、三塁の好機をつくったが、得点ならず。終盤にも点差を広げられ、コールド負けを喫した。

 斉川隼大ら3投手が継投したが、松商学園の猛打を止められなかった。

 松商学園は一回、大和久竣矢の適時三塁打などで4点を先行。中盤以降も点差を広げ、大勝した。先発直江大輔は6回1失点、6奪三振と安定感を見せつけ、七回を堀翔太郎が無失点で締めた。

関連記事
あわせて読みたい