第137回北信越地区高校野球大会1回戦・金沢学院―富山商業 六回裏、逆転となる適時三塁打を放った富山商業の福島=14日、福井フェニックススタジアム

 第137回北信越地区高校野球大会は14日、福井県内3会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアム第1試合は富山商業(富山1位)が金沢学院(石川3位)を6―3で下し準々決勝に進出した。

金沢学院
002 000 100…3
000 204 00X…6
富山商業

■金沢学院 田中健介、御影池悠斗―中智希
■富山商業 沢田龍太―山本龍也

 富山商業は2点を追う4回裏、2死一塁から横尾和樹、広浜虎威の連続適時打で同点とした。六回には2死満塁から福島幹の右越え適時三塁打で3点を奪い逆転に成功。さらに石橋航太も左前に適時打を放ち1点を追加した。

 富山商業先発の沢田は先制を許したものの被安打4で完投した。

 金沢学院は3回表、1死二塁から権谷陸希の適時二塁打などで2点を先制したが中盤以降は1点しか奪えなかった。

関連記事
あわせて読みたい