神戸製鋼所がアルミ製品などの性能データを改ざんしていたのに続き、自動車のエンジンなどに使われる鉄鋼製品で新たな不正が見つかったことが13日、分かった。不正の範囲が拡大した。川崎博也会長兼社長が同日夕方、記者会見し、詳細を説明する。

 新たな不正が発覚したのは「線材」と呼ばれる線状の金属材料で、車のエンジンや足回りなどに使われている。複数の顧客に対し、取り決めた仕様を満たさない製品を出荷していたという。

 鉄鋼製品ではこれとは別に、自動車や機械などに幅広く使われる鉄粉でデータの改ざんが見つかっている。

関連記事
あわせて読みたい