服部さんのアオリイカ

越前海岸

 餌木などで狙うアオリイカは崎~東尋坊、鷹巣~大丹生で胴長10~25センチが1~14匹。7日には服部博志さん(福井市)が大樟で胴長20センチをゲット。25~30センチの良型アジが三国突堤で平均10匹前後。多い人で30~40匹。小アジは梅浦~道口の各漁港で夕まずめを中心に好調。キスは浜地で20センチ以上のナイスサイズが2桁。

福井新港

 30センチ級のチヌが北防などでまずまず。サゴシ、タチウオ、キジハタ、ヒラメは港湾内、外海側で釣れる。小アジはパイプライン、第2排水口などで好調。

嶺南

 小浜新港などで小アジ、20センチクラスのカマス。サヨリは一服状態。アオリイカは内外海半島、若狭和田方面で狙う人が目立つが、釣果はいまひとつ。佐田の沖テトラで30~40センチのチヌが10匹、20センチオーバーのグレが4匹。立石の沖磯でも揚がる。

河川

 九頭竜川河口では70センチ級のスズキがアジの泳がせ釣りやルアーで上々。シーズン終盤のアユは日野川の日野大橋上流などで2~16匹。

沖合

 三国沖はジギング、タテ釣りで青物が好調。越前町沖のマダイはタイラバで40~80センチが1~8匹。
 

越前海岸
アジ
アオリイカ
福井新港
チヌ
キジハタ
嶺南
カマス
アオリイカ
河川
スズキ
関連記事
あわせて読みたい