「ワールド・ソーラー・チャレンジ」を4位でゴールした東海大チーム=12日、オーストラリア南部アデレード(共同)

 【アデレード共同】オーストラリア北部ダーウィンを8日にスタート、大陸を約3千キロ縦断する世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は12日、オランダのチームがトップで南部アデレードにゴールした。3大会ぶりの優勝を狙った東海大(神奈川県)チームは4位で雪辱を果たせなかった。

 レースは隔年で開催され、今回は19の国・地域から38チームが参加。太陽光エネルギーを動力源とした車で日中のみ砂漠地帯などの公道を走り、夜は各チームがキャンプを張った。オランダチームは3大会連続の優勝。

関連記事
あわせて読みたい