アフレコに初挑戦した氷川きよし(右)

 演歌歌手の氷川きよし(40)が、11月12日に放送されるフジテレビ系『ドラゴンボール超』(毎週日曜 前9:00)で自身初のアフレコに挑戦した。同番組のオープニング曲「限界突破×サバイバー」を担当する氷川だが、今回はドラゴンボールでお馴じみの道着を着た氷川きよしが本人役として“今週の見どころ紹介”コーナーに登場。孫悟空役の野沢雅子とともに冒頭から「ドラゴンボール超!」と声を揃えたタイトルコールに臨むと、野沢から「ばっちり!」と太鼓判を押された。

【画像】ドラゴンボールでお馴染みの道着を着た氷川きよしのイラスト

 氷川は続けて「オッス! 氷川きよしです! 今日のみどころは、 究極のサイヤ人対決!! この後すぐ! 絶対観てくれよ!!」と本人役としてセリフを練習すると、野沢は「すごく、私っぽい。アニメをよく観てくれているのがわかる。『オッス!』の”オ”に力を入れて元気よく、それと『よくみてくれよ』の”よ”に力を入れると、『うん! 見る見る!』ってなるから」と助言。氷川は「(野沢さんの)アドバイスが勉強になりました。とてもやりやすくなりました」と感謝していた。

 その後、CDの発売日である25日に誕生日を迎える野沢を祝って氷川からバースデイケーキをサプライズで贈り、演歌調にこぶしを入れつつ、「ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」と歌うと、野沢は「うれしい! なんて幸せ! ありがとうございます」と感激していた。

 収録後、野沢から「とてもよかったです! セリフの間がよかったですね」と絶賛された氷川は「アニメのアフレコは昔から憧れだったので、今回ちょっとだけ参加させていただき、とても光栄でした。野沢さんともまたお会いできて、CD発売にむけて励みになりました」と喜んでいた。

関連記事
あわせて読みたい