ロッテ『キシリトールガム』発売20周年プロジェクトの発表会に出席した浅田真央

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央(27)が12日、都内で行われたロッテ『キシリトールガム』発売20周年プロジェクトの発表会に出席。今年12月10日に行われる「JALホノルルマラソン」でフルマラソンに初挑戦する浅田は「もともと走ることは大好き」と笑顔で話した。

【全身ショット】華やかなピンクの衣装で登場した浅田真央

 現役生活中は、競技に支障が出ないよう長距離のランニングを控えていたといい「引退したら一回は走りたいと目標にしていた。それをかなえられるのですごく楽しみです」と目を輝かせた浅田。完走に意欲をみせ「自分はチャレンジしていくことが好きなんだなと改めて感じました」と、アスリート魂をチラリとのぞかせていた。

 「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」と題して展開される同プロジェクト。この日の記念イベントでは、浅田がパッケージデザインを担当し、鮮やかなピンク色に彩られたボトルガムがお披露目された。

 ボトルガムがアンベールされると「まずは大きさにびっくりしました」と笑いつつ「明るい色だったり、ハートや星のデザインが大好き。自分の大好きなデザインに仕上がったのでうれしいです。自分の未来がキラキラ輝くようにという思いも込めました」と、出来栄えに満足げだった。

関連記事
あわせて読みたい