無残に枝が折られたアオッサ近くの街路樹=11日、福井市手寄1丁目

 福井市中心部のアオッサ周辺と屋根付き広場ハピテラスで、街路樹の枝が折られたり、 プランターの花が引き抜かれたりする被害が11日見つかった。街路樹を所有する市と、 広場を管理するまちづくり福井は同日、福井署に被害届を出した。器物損壊の疑いで捜査している。

 市によると枝が折られていたのは、アオッサ北側から西側にかけて植樹されているハナ ミズキ15本。高さ約2・5~3メートルあり、ほとんどの枝が折られ、地面に放置され ていた。プランターはアオッサ北側の4鉢と、ハピテラスの2鉢。いずれも屋外に設置さ れていた。

 11日午前6時15分ごろ、アオッサの警備員から市に連絡があった。防犯カメラには 同3時ごろ、スーツを着た男性らしき人物が枝を折る様子が映っていた。

 アオッサの清掃員の60代女性は「県都の玄関口なので、観光客に悪いイメージを与え てしまう」と心を痛めていた。市駅周辺整備課の龍崎俊和課長は「福井国体を控え環境を 整備してきただけに非常に悪質で残念」と、再発防止を呼び掛けている。

関連記事
あわせて読みたい