越知山から望む白山連峰=2016年12月、福井県越前町の越知山神社から白山方面を撮影

 10日午後10時3分ごろ、白山(2702メートル)の山頂付近の深さ3キロ付近を震源とするマグニチュード(M)2・3の地震が起きた。気象庁によるとその後、一時的に小さな地震が増加し、11日午前9時までに129回観測された。

 同庁地震火山部によると、M2・3は白山の地震としては比較的規模が大きい。11日午前5時ごろにかけて小さな地震が増加したが、その後落ち着き午前9時以降は観測されていない。噴火の兆候は確認されておらず、噴火警戒レベル1の噴火予報に変更はない。

 24時間の地震回数が100回を超えたのは、2014年12月16日の167回以来で、このときはM3・4だった。

関連記事
あわせて読みたい