誤飲、けが、けいれん…。万一のときの対処法を知っておきましょう。福井の母親らと福井新聞社でつくる子育てグループ「ふくまむ」が、福井市東消防署の救急救命士、竹内将裕さんを講師に招いて9月に開いた講習会と、同市消防局が作成した「小児救急ハンドブック」をもとに、それぞれの仕方を紹介します。

ものがのどに詰まった

 子どもはトイレットペーパーの芯を通る程度の大きさの物なら何でも飲み込んでしまう。ハイハイし始めて自由に動き回るようになったら、危なそうな物は手の届かないところに保管しよう。食べ物は食べやすい大きさに切って。ミニトマトなど小さくて丸い物はのどに詰まりやすい。

 のどに詰まっているかどうかの見分け方は▽息をしていない▽声が出ない、おかしい▽のどを両手で押さえている-など。すぐに救急車を呼ぶか、病院へ。声を出して泣いている時は呼吸ができている。

【太ももの上でうつぶせ】あごに手を添えて首をそらせるようにして気道を確保する。肩甲骨の間を力いっぱいたたく。せきが出るとはき出せる
 
【いすに座らせる】前傾姿勢を取らせて気道を確保したら、肩甲骨の間を力いっぱいたたく

 吐き出させ方は、大人の太ももに乗せてうつぶせにする方法、いすに座らせる方法の2通りがある。子どもの大きさに合わせて選ぶ。

関連記事
あわせて読みたい