春夏秋を通じて県大会8強止まりだった金津が初の北信越出場。2回戦から準決勝の3試合を逆転勝ちすると、決勝でも夏優勝の坂井相手に5点差をひっくり返した。練習も含め選手個人が「考える」野球がチームカラーだ。

 1年生から出場している選手が多く、経験は豊富。先発メンバーのうち7人が打率3割台。1試合平均7得点と猛打を誇る。4番に座る高桑は打率3割6分、9打点を挙げ、上り調子。下位の山川、前川も打率は4割で打線に隙がない。

 投手陣は絶対的エースこそいないが、制球力が持ち味の田中、130キロ前後の直球が武器の斉川、石丸らの継投で挑む。連投時のスタミナにやや不安が残るが、最少失点で抑え、攻撃に流れをつなぎたい。2年生捕手高桑が攻守の中心となり、チームをもり立てる。

部長紺谷 和弘
監督齋藤  滋
投 田中 彰馬 2 165 58 右右
捕 高桑 篤耶 2 166 75 右右
一 夛田新太郎 1 173 75 右右
二 松永 匡生 2 162 54 右右
三〇中橋 朋希 2 168 63 右右
遊 石丸 結大 1 170 65 右右
左 安岡 倫宏 2 175 83 右右
中 斉川 隼大 2 170 68 左左
右 高柴 太一 2 168 68 右右
  倉友 遼太 2 171 60 右右
  白石 晃大 2 181 96 右右
  西正承太郎 2 173 60 右両
  前川  郷 1 170 68 右右
  山川  真 1 174 61 右右
  南  恒希 1 165 58 右右
  高木  陵 1 175 55 右左
  長谷部慎之介1 158 43 右左
  江川 凌平 1 160 48 右右

関連記事
あわせて読みたい