県大会5試合で計41得点。敦賀気比との準々決勝までの3試合は全てコールドで勝ち上がった。準決勝で夏優勝の坂井に敗れたが、3位決定戦では18安打、15得点の大暴れ。9季連続の北信越大会出場となる。

 打線の要は4番平澤。県大会では打率6割6分7厘、3位決定戦では大会記録に並ぶ1試合7打点をマークした。巧打の高原、猪奥、パンチ力が自慢の植田が座る上位打線に好機でつなげたい。県大会でミスが目立ったバントを確実に決められるかが鍵を握りそうだ。

 投手陣は安定感がある。右横手の武盛は敦賀気比打線を3安打、自責点1に抑えるなど制球力に自信を持つ。山崎は計21回を投げ自責点5。二枚看板でリズムを呼び込みたい。計9失策を喫した守備面を鍛え直し、3年連続の選抜出場へ照準を合わせる。

部長安久 洋子
監督田中 公隆
投 武盛 智樹 2 165 65 右右
捕 二宮瑠輝斗 2 170 63 右右
一 平澤 毅人 2 173 75 右左
二 猪奥 理希 2 168 60 右左
三○津野 一樹 2 166 75 右左
遊 高原 侑希 1 175 70 右右
左 藤井  翼 1 168 76 右右
中 植田  毅 2 168 65 左左
右 河野  樹 2 175 60 右右
  山崎 晃輝 2 175 60 右右
  金丸 翔真 1 170 76 左左
  岩崎 大輔 2 172 60 左左
  竹橋 尚輝 1 172 70 右右
  宮崎 天斗 2 165 60 右右
  三浦 大優 2 170 68 右右
  藤田 啓輔 2 173 62 右右
  三宅 大地 2 170 78 右右
  松矢 瑠衣 2 168 60 右左 

  上田 勇一 1 170 71 右左
  塩田 友輝 2 169 67 右右

関連記事
あわせて読みたい