自民党は9日、衆院選比例代表の名簿順位を決定した。北陸信越ブロックの福井県関係では前職の山本拓氏(65)が前回に続き単独1位で登載された。助田重義氏(57)は単独23位。1区前職の稲田朋美氏(58)と2区前職の高木毅氏(61)は、小選挙区との重複で2位に登載された。

 2017衆院選の候補者一覧はこちら

関連記事
あわせて読みたい