準優勝した体操成年女子(前列)と3位に入った同男子=8日、松山市の県総合運動公園体育館

ハンドボール少年男子で3位入賞を果たした福井=8日、松山市総合コミュニティーセンター体育館

 愛媛県を中心に開かれている第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」は8日、各地で競技が行われ、福井県は体操の成年女子(ダンコ絵里香リン、中村春香、夏目侑香、四方奈々依、松島良音)が準優勝、成年男子(石川大貴、岡準平、杉野正尭、川本稜馬、荒屋敷響貴)が3位入賞した。北陸高単独チームのハンドボール少年男子は3位決定戦で香川県を破り3位に入った。

 体操成年女子はけが人を抱え、段違い平行棒で落下や着地ミスなどがあったが、新戦力選手らの質の高い演技でカバー。跳馬では各選手が高得点をたたき出し、全体を押し上げた。

 成年男子は第1種目の跳馬で好スタートを切るなど前半いい流れをつくった。後半の床運動、あん馬でミスがあったが最終種目のつり輪をまとめ、表彰台をもぎ取った。

 ハンドボールの少年男子は立ち上がりの連続ゴールで流れに乗り、前半を15―10で折り返した。後半に入っても勢いは衰えず29―19で快勝した。

体操
▼体操男子はゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目。女子は跳馬・段違…
体操
ハンドボール
1チーム7人。競技時間は前・後半とも30分。▽成年男子、少年男子【会期】9月1…
ハンドボール
関連記事
あわせて読みたい