衆院選福井1区

 8日午後5時から福井県国際交流会館(福井市)で予定されていた衆院選福井1区の立候補予定者による公開討論会が急きょ中止となった。3人のうち1人から「キャンセルしたい」と7日に連絡が入ったのが理由。主催者側は「有権者に政策を身近に捉えてもらう機会がなくなって残念」としている。

 2017衆院選の候補者一覧はこちら

 公開討論会は日本青年会議所(JC)北陸信越地区福井ブロック協議会が計画。自民党前職の稲田朋美氏(58)、共産党新人の金元幸枝氏(59)、希望の党新人の鈴木宏治氏(43)が参加を予定し▽日本の一番の課題▽福井県の重要課題▽憲法への自衛隊明記―を討論する内容だった。

 同協議会事務局によると7日昼ごろ、立候補予定者3人のうち1人から断りの連絡があったという。事務局は「土壇場になってキャンセルしてきた理由は分からない」とした上で、有権者に広く傍聴を呼び掛けていただけに肩を落としていた。

関連記事
あわせて読みたい