ハピリン壁面に登場した「和食・しゃぶしゃぶ おめでたい」の看板=6日、福井市中央1丁目

 福井市のハピリン2階に和食しゃぶしゃぶ店がオープンすることが決まった。産地を偽り料理を提供したうなぎ店の退店後のスペースに入店する。11月上旬オープンの予定で、ほかの店舗と連携し記念フェアを実施する。福井県内外の客をもてなす“県都の顔”の店舗が、4カ月ぶりに整う。

 入店するのは、県内外で飲食店など20店超を展開するビリオンフーズハヤシ(本社同市開発町、林明徳社長)の新業態店「和食・しゃぶしゃぶ おめでたい」。同社は喫茶店「ビリオン珈琲」などを展開。ハピリン近くにも居酒屋「ろ組」を営業している。

 ハピリン商業フロアを管理する福井駅西口開発の担当者は「出店が決まりありがたい。いっそう高い意識を持ち来場者をもてなせれば」と話している。

 フェアは11月9日から実施。18日までのはしご酒企画は、酒類を提供する12店舗で千円以上飲食した場合、2軒目は1杯目が半額、3軒目は1杯目が無料、4軒目でプレゼントがもらえる。ズワイガニや商品券が当たる抽選会は同11日まで。

 2階に入店していた「うなぎ・割烹 曙覧」は、経営企業の社長らが逮捕されたことを受け6月28日から休業。8月末に退店した。

関連記事
あわせて読みたい