一般公開されているレッサーパンダの赤ちゃん「梅香」=5日、福井県の鯖江市西山動物園

 福井県の鯖江市西山動物園で6月に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんが5日から一般公開されている。体長約35センチの小さな体で元気いっぱいに動き回り、早くも人気者になっている。

 ⇒【記事】キュート子ダヌキ、職員メロメロ

 赤ちゃんは雌で、7歳の雄ヤンヤンと6歳の雌キラリの5番目の子。生後は安心して子育てできる環境をつくるため、隔離された小部屋で成育していた。子育てが落ち着いたことから公開することになった。

 名前は「梅香」で、クラウドファンディングで同園の整備に資金提供し命名権を得た新潟県内の男性が名付け親。すでに成獣と同じ毛並みで、母親に体をなめてもらったり、棚に登ったりと愛くるしい姿を見せている。

 公開は毎日午後1時半~2時半で、今後成長とともに公開時間を延ばしていく。祝日を除き毎週月曜は休み。

関連記事
あわせて読みたい